2008年 02月 24日

I'm not kinda romantic

e0030187_13331963.jpg








 女のお客さまからお借りしたままの本、そろそろ終わらな
ければと昨夜手にする。うーん、読み進められない。2册本の
下巻の終わりを読んで、やっぱり因果は巡るお話であったと
確認。今日店に持ってきた。

 ロバート・ゴダード「千尋の闇」、ロマンス好きには
とても愉しめるのだろう。ゴシック・ロマンスなら、それが
発表された当時の擬古典風とはいえ、今読めば充分な時間
経過のおかげで、安心して古風さを愛でられるのだが、
近年に作られたロマンスでは、わたしには時差が不足して
いるということだろうか。

 同じく読みかけの「犬は勘定に入れません」では、
バック・トゥ・ザ・フューチャーものが愉しめないと
わかったし、困ったものだ。好きな本のジャンルがほんとに
狭い。

 もう1点、カルロス・ルイス・サフォン「風の影」(集英社
文庫 06年6刷帯)はまだ眺めてもいないが、ああ、ロマンス系
だったらどうしよう。

 昨夜からコルタサル「石蹴り遊び」を読み出した。いいなあ。
こういうのが好き。2段組み・ハードカヴァであろうと気にせず
入って行ける。
[PR]

by byogakudo | 2008-02-24 13:33 | 読書ノート | Comments(0)


<< 桜庭一樹onTV      昨日の補遺/伊坂幸太郎「ゴール... >>