猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 12日

カルロス・ルイス・サフォン「風の影」を読み始める

e0030187_12491752.jpg








 女性のお客さまからお借りしたままの文庫本に、やっと
手をつける。わたしは近年のファンタスティックなロマンス
ものが、ほんとに苦手だ。

 まず主人公が語り出す。1945年に10歳であるが、4歳の
とき母をコレラで失う。雨続きのころで、父親に<「空が
泣いているの?」>(p12)と訊ねたんだそうな。

 いくつになって過去を振り返っているのか、上巻の時点では
不明だが、いやなイントロだ。

 古本屋の息子という設定で、一生に一冊の本を守り続ける
お話だけれど、その本のタイトルが「風の影」。小説中の
悪魔も本から出現して彼を脅かす。ここらも不安を抱かせる。
うまく着地できればいいけれど、ジョナサン・キャロル風に
しょぼく正体を明かされたりするんじゃないかと、今から
心配している。

 まあ、さっさと読めるからいい。今夜には下巻を読み出す
予定。   (集英社文庫 06年6刷帯)

 先週の今日行く筈だった税務署に行って来た。一年に一回
では、ルールを覚える暇がない。ということにしておこう。
[PR]

by byogakudo | 2008-03-12 12:49 | 読書ノート | Comments(2)
Commented by 芽句 at 2008-03-12 22:50 x
まあ、偶然ね!私も今日生まれて初めて税務署に行って、確定申告なるものをやって来ました。例の土地の名義変更をしたお陰で発生した面倒事。いやなもんでしたー。
Commented by byogakudo at 2008-03-13 13:02
こんなに不向きな作業もなくて、わたしの才能と時間を
浪費させるなーと叫び、はて、わたしの才能ってなにさ?
__なにもなかった。ただのタイムロスでした。


<< 「風の影」下巻へ      森茉莉付近(19)/(3)河盛... >>