猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 13日

「風の影」下巻へ

e0030187_1343054.jpg








 税務署疲れで、上巻を読み終え下巻を10頁ほど。なんというか、
男のすなるハーレクィン・ロマンス、いや、男流ヴィクトリア・
ホルトか。うまい作家だ。わたし向きでないだけで、多くの人々に
とっては、面白い小説というべきだ。

 照れずに堂々とロマンティックな言辞を弄せるのは、いまどき
偉い。けちくささのない作家である。これでもかとばかりに
ロマンティック描写が続き、どこを引用すべきか悩ましい。

 下巻の帯に逢坂剛の推薦の言葉が載せられている。
<過去と現在を複雑な糸でつむぎ合わせ、読む者を浪漫の
 迷宮へ誘い込んでいく。すべての誠実な読書人におすすめ
 した、掛け値なしの傑作である。>

 まあ、そういう構造ですが、やくざな読み手なので、どうにも
不適切なのです。
[PR]

by byogakudo | 2008-03-13 13:26 | 読書ノート | Comments(0)


<< 神保町/「風の影」下巻半分ほど      カルロス・ルイス・サフォン「風... >>