2008年 03月 25日

鳥飼否宇「官能的 四つの狂気」読了

e0030187_1494130.jpg











 お師匠さんが立寄られる。早速、
「鳥飼否宇、よかったです!」「好きだと思った!」

 以下、師匠と弟子ふたりして鳥飼否宇の美点を挙げ立てる。

 ミステリをたっぷり読んでいるに違いない。でなきゃ、古風な
見立て(デジタル文字の「〒」に1ブロック加えると漢字の「干」に
なる等)や、4篇の連作短篇集の最後の章を、いわば「後始末殺人
事件」に仕立てて、いちばんの謎・物語の語り手は誰かを明かす
という構造は出て来ないだろう。

 ポルノグラフィックで皮肉な文体の巧さも目立つ。ポルノ
グラフィーの書き方で、コミカルに書く方法があるが、リズムが
あって、気持よく読んで行ける。ディクスン・カーをこの手法で
パロディにするのが、すごい。

 結論。「先が楽しみだ!」「もっと読みたい!」
          (原書房 08初帯)

 24日付けのdaily-sumusに紹介されているLIVING WITH BOOKSは
見覚えがあると思ったら、日本語版では「自宅の書棚」
(アラン・パワーズ 産調出版 00初 ハードカヴァ)ですね。
[PR]

by byogakudo | 2008-03-25 14:10 | 読書ノート | Comments(0)


<< 鳥飼否宇をもっと読みたいな・・・      鳥飼否宇「官能的 四つの狂気」途中 >>