猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 03日

えーと

 昨日のフラン・リーボウィッツは「嫌いなものは嫌い」だったと、入浴中に思い
出した。血のめぐりがよくなって思い出せたのだろうか。

 今日は、独日ハイブリッドお嬢さんの来店。ドイツ人として育って、大学で初めて
日本語を学ばれたそうだが、しっかりした気持よい日本語だ。
 前から感じているが、当節 折り目正しく 耳に心地よい日本語を聞くのは、
たいてい外国人の口からだ。でなければ、長く外国に住んでいた日本人か。
 
 言葉は変化する。そして肉体は保守的なものだから、幼児期に獲得した耳に固執して
新しい口調や言い方に反撥しやすいと解っているが、でも いやなものは いや なので
彼女の丁寧ですこし古風な言い回し__帰り際に「長々とお邪魔しまして」という
フレーズが口をつく若い日本女性は、どれくらい存在するだろう__は美しく、
「見れる」や「食べれる」はやはり気に障る ばーさんな日常である。

('08/11/06に続く)


新着本

人気blogランキングへ
[PR]

by byogakudo | 2005-09-03 12:25 | 雑録 | Comments(0)


<< フェティッシュ      今日もせっせと?/森茉莉さんと... >>