2008年 04月 02日

「緑のダイヤ」読了

e0030187_12334760.jpg








 店から持ち帰るのを忘れた! 夕食後「緑のダイヤ」を
取りに行く。外出しのワゴンや、今は乗り手不在のバイクも
運び入れられている夜の店内は侘しい。ちょこっとPCを
覗きたい誘惑に駆られる。こうやって本を読む時間は削られて
ゆくのだろう。

 「月長石」もそうだが、昔の(これは1904年作)ミステリの
佳さのひとつが控えめさだ。怪奇風味の中にもヒューマーを
忘れず、滑稽な人物と行動を挿み入れるやり方にしても、あくどく
やり過ぎない。
 ひどい吝嗇漢が出てきて、なんだか大勢でトーケー葡萄酒の
大瓶(「大瓶」を「マグナム」と呼ぶことを覚えた。)を探して
いるようだから彼も儲けようとするが、瓶にダイヤがあることに
気づかず、ただ差額で稼ごうと右往左往する様が、あっさり
描かれている。
 近年のミステリだと、これでもかとばかりにライトを当てて
しつこく書き込みそうである。そんなに強調しなくっても、
読者はちゃんと理解するのに、却って逆効果の場合が多い。
 まあ、わたしはノンストップ・アクション映画にあくびする
ような(緩急をつけず、ただアクションシーンばっかり続くと
単調になる。)古風な感受性なのだが。

 他の2扁、リチャード・ハーディング・デーヴィス「霧の夜」は
「千一夜物語」式。ロンドンのクラブで、議員を議会に出席させ
ないために、みんなで怪奇譚を話して足止めする。議員は扇情的な
通俗怪奇小説に目がない、という設定である。

 マルセル・ベルジェ「ある殺人者の日記」。これは3篇中、
いちばん落ちる。ワン・アイディアだけで進めるには単純すぎる。

   (アーサ・モリスン他 世界大ロマン全集四巻 創元社 56初)

 プリースト「双生児」が買取で入ったし、女性のお客さまから
スタージョン短篇集もお借りした。うれしいな。
[PR]

by byogakudo | 2008-04-02 12:34 | 読書ノート | Comments(2)
Commented by hiromi suzuki at 2008-04-02 19:10 x
テキストとは関係ないコメント失礼いたします。

写真、かっこいいですね。
大きくプリントアウトして壁に飾りたい!
Commented by byogakudo at 2008-04-03 13:54
ありがとうございます。
僕にとって「もうひとつの空」はローカルです。
                St


<< 「朗読の集い 『茜』」公演お知らせ      アーサ・モリスン「緑のダイヤ」... >>