2008年 04月 14日

「古本的」読了/「戦後史の生き証人たち」へ

e0030187_16574117.jpg











 坪内祐三「古本的」(毎日新聞社 05初帯)読了。第一章
「古本的」は文字通り、古本関連話。
 
 『松たか子のご先祖さんが書いた本』は丸木砂土=秦豊吉に
ついてであるが、長年の疑問を思い出した。映画評論家の
秦早穂子と、秦豊吉には親子や姻戚関係はあるだろうか。
 どうだっていいことであるが時々気になる。

 「うちにもある!」と嬉しかったのが、『一九五二年秋の
銀座風景』。「アルス・グラフ・一九五二年十月臨時増刊
"銀座"号」のキャプションについて書かれている。

 夜中前にたぶん読み終えそうなので「戦後史の生き証人たち」
(桑原稲敏 伝統と現代社 82初)を持ち帰り、寝床で読み始めた。
[PR]

by byogakudo | 2008-04-14 16:58 | 読書ノート | Comments(0)


<< K夫人主宰の朗読会/美咲歌芽句...      坪内祐三「古本的」途中 >>