2008年 04月 29日

「千の脚を持つ男」半分弱

e0030187_147185.jpg











 女性客からまた2冊お借りした。SF短篇集から行くか怪奇短篇集に
するか。

 まずSF短篇集「千の脚を持つ男」(Th.スタージョン A.デイヴィッド
ソン他 創元推理文庫 07初帯)。創元推理文庫、がんばっているのですね。
新刊書店に行かないせいで、知らなかった。申訳ない。

 それほどモンスターSFファンではないが、4篇読んで、どれも愉しい。
だがスタージョン「それ」の素晴しさは、群を抜いている。SFという
ジャンルを通り抜けて、むしろ文学と呼ぶべきじゃないか。淡々とした
緊迫感の持続、最後の1行の痛烈さ。かっこいい。

 これも編集のバランス感覚がよくて、スリリングなスタージョンの
後には、編者自ら「怪作王」と奉るフランク・ベルナップ・ロングの
「千の脚を持つ男」である。
 ロングの他の作品としては、なになに、「脳を喰う怪物」に「海の
大蛭」? タイトルだけで猛烈さが伝わってくる。スタージョンの
全翻訳を読み終えたら、ぜひトライしてみたい作家になりかねない。

 Sが長篇SFを終わったらこれに移りたいだろう。そのときは速やかに
渡して、「怪奇礼讃」(E.F.ベンスン A.ブラックウッド他 創元推理文庫
04初)を読もう。
[PR]

by byogakudo | 2008-04-29 14:07 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「千の脚を持つ男」読了      ピーター・ディキンスン「緑色遺... >>