猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 02日

和田堀給水場!

e0030187_19474718.jpg








 遂に行けた和田堀給水場! 正式名称は「東京都水道局 和田堀
給水管理所」である。

 午後から雨と、天気占いは言う。奥多摩に行ったときも念力で
雨雲を停滞させ、かろうじて曇りときどき小雨くらいにねじ伏せた
実績(妄想)がある。義母を誘いにまず、彼女の家へ。
 三人で出た途端、降り出す。部屋に戻り様子を見る。ええい、
行きます!

 雨もよいでひとは少ない。静かだ。緑が深い。水道局OBと思しき
管理人のほうが数が多い。しきりに「こちらが躑躅が満開ですよ」
と誘う言葉も聞いちゃいられない。鉄とコンクリートの思いのたけが
尽くされた2号池の建物に集中する。うつくしい。要塞みたいな建築物。

 一周して満喫する。周囲の小さな小屋の類いも素敵だ。2号池を
取り囲む草むらで、ピンクのクローヴァや石晶を摘んだ。立入り禁止で
上れない階段の円柱に頬を寄せる。
 Sはひたすら撮りまくり、義母は警備員と話していたようだ。各人
それぞれに熱狂する。

 ああ、これを逃したら来年まで思いを引きずっていた。よかった、
行けて。
 今年の公開期間でいうと、桜の季節に9日間(3月29日〜4月6日)、
躑躅の時期に11日間(4月26日〜5月6日)、合計20日間しか公開
されないなんて。でも、だからこそ保たれている静謐さだ。環七と
甲州街道の裏手に残る、ある日の東京。
[PR]

by byogakudo | 2008-05-02 20:07 | 雑録 | Comments(0)


<< 和田堀給水場写真集1+「タモリ...      「怪奇礼讃」1/3ほど >>