2008年 05月 03日

和田堀給水場写真集1+「タモリ倶楽部」

e0030187_18344193.jpge0030187_18493021.jpg










e0030187_14295041.jpge0030187_16593623.jpg










e0030187_170151.jpge0030187_1701769.jpg













e0030187_1703832.jpge0030187_171844.jpg












 今日の写真はいささか要塞フォト集。第2回は「神は細部に
宿り給う(?)」特集になる予定。

 昨夜の(正確には明けて今日未明の)「タモリ倶楽部」は
素晴しかった。今は埋められてほとんど暗渠化した玉川上水を
歩いて想像上の川下りをする企画、「スゴイ玉川上水路」だ。
 スタッフの中にmicrojournal・「暗渠」ファンがいるんじゃ
ないだろうか。そうとしか思えない。

 久我山から歩き出し、明大前では現在使われている水道管の
下を通る玉川上水に出会ったりして、最終地点・四谷大木戸まで。
 先日わたしたちが歩いたコースと時期的にも一部重なっていた
ようで、笹塚付近で「たこの吸い出し」看板を見つけたタモリが
対岸の男性__近所に50年住まう方らしい__に「ここが
製造元ですか?」と訊ねていた。

 結末は「玉川上水を文化遺産に登録しよう!」というメッセージで
締めくくられた。冗談半分ではあるが、本気度ゼロでもなく。

 「タモリ倶楽部」は歴史と伝統に彩られた教養番組である。鉄道や
水道等の人文地理系だけでなく、青森弁で官能小説を音読するという
文学的な試みもあったりします。

 今週の新着欄です。よろしく。
 新着欄
[PR]

by byogakudo | 2008-05-03 17:13 | Comments(2)
Commented by microjournal at 2008-05-03 21:45 x
和田堀給水所写真集part2たのしみです♪

タモリ倶楽部みました!
おこがましくも「microjournalをパクりましたな?!」っておもいました(笑)。
しかし、タモリ氏は江戸・東京の古地図マニアですし、
とうぜんの流れなのかもしれないですね。
(といっても、笹塚の開渠部をご存知なかったみたい?)

玉川上水は都心部の暗渠がネックとなって世界遺産登録ができないという皮肉。
東京都はまた新宿区を一部開渠にする計画だとか。
わけわからないですね、またお金かけて?

タモリ倶楽部のあとチャンネルかえての「モヤモヤさま~ず」は、
初台・幡ヶ谷特集だったのに中途半端な取材で残念でしたね。
モヤモヤなスポットを教えてさしあげたいとおもいました。

すいません!つい興奮して長文になりました!ハハハ
Commented by byogakudo at 2008-05-04 18:13
「モヤモヤさま~ず」までは気づきませんでした。ディープな
番組が作りたければ下準備が大事なのに、何故microjournalに
訊ねない?!


<< 和田堀給水場写真集2      和田堀給水場! >>