2008年 05月 13日

「強いばかりが男じゃないよと いつか教えてくれたひと」半分強

e0030187_13184694.jpg








 「荷風と東京 『断腸亭日乗』私註」、「三十四章 浅草の
『一味の哀愁』」p454に荷風が当時の浅草のスター・シミキン
=清水金一とつき合っている様子が出てくる。

< [注: 昭和十三年]二月二十七日にははじめてシミキン、清水
 金一に会う。「誘われて浅草に至りカツフエージヤポンに飲む。
 夜十一時川上と共にオペラ館の舞台稽古を見る。館主田代旋太郎
 作者堺某小川丈夫俳優清水金一其他の人々と談話して二時ごろに
 帰る」
  シミキンと気が合ったのか、三月七日には一緒に吉原に出かけ
 茶漬飯屋で「飲み又食ふ」を楽しんでいる。三月以降、荷風は
 いよいよオペラ館に深く入る。>

 再び古書 伊呂波文庫さんのお薦め図書でもあったので、昨夜から
読み始めた「強いばかりが男じゃないよと いつか教えてくれたひと」
(有吉光也/淀橋太郎/滝大作 リブロポート 85初帯)。

 Jには縦書きで「笑いの王様シミキン」とある。浅草軽演劇界の
スターとだけ知っているが、それ以上何も知らない。半分強読んだ
限りではまだ魅力がよく伝わって来ていない。ともかく明るい
パーソナリティらしく、それが戦時下での人気の原因だったようだが。

 検閲制度のあった戦前・戦中、検閲済みの台本通り演らない(台詞を
覚えていないから演れない)ので憲兵や警察に睨まれるが、出頭しても
悪びれず堂々としているので、ますます睨まれたという。もしかして
そこらで荷風と気が合ったのかしら。
[PR]

by byogakudo | 2008-05-13 13:27 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「強いばかりが男じゃないと い...      「荷風と東京 『断腸亭日乗』私... >>