猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 08日

「エヴァ・トラウト」読了

e0030187_12532330.jpg








 昨日はあわてていて、忘れてました。今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄
 売切れ・再入荷の「東京のシルエット」、グラシン紙に「上野文庫」
ラベルが貼ってあったので、このままにしておこう。

 ようやく「エヴァ・トラウト」(エリザベス・ボウエン 国書刊行会
08初帯)読了。もっとも、間に小林信彦「昭和の東京 平成の東京」
(ちくま文庫版)も読了。他の文庫本で読んだ記憶がある、映画「流れる」
の地理を考察した箇所はやっぱりすごい。

 じっくり正攻法で進む「エヴァ・トラウト」だが、エンディングが
近づくと一気に破滅へまっしぐら、ぶつりと断たれる。見事な収束だ。

 コミュニュケーションの不全による暴力の物語かなあ? エヴァは
母語をマスターしないうちに各国を父とともに移り行き、言葉で自分の
感情や思考を表現する技術が足りない。したがって感情も少ない。
 彼女の「息子」は聾唖者であり、ふたりの会話は、内面で思いを
ぶつけ合う無言のうねりのようなものになる。

 大金持ち、すなわち大きな権力を持ちながら、言語能力に欠ける、
というのは意識せずとも暴力的存在であり、周囲は彼女のもたらす
波動を受け変質し、彼女もまたそれを受ける。

 娘時代の彼女を導く女教師の名がイズーなのはなぜかと思っていたら、
イズーはイズーでも白い手のイズーだった。
 暴力の物語だったか。

 
[PR]

by byogakudo | 2008-06-08 12:53 | 読書ノート | Comments(0)


<< 矢田津世子「神楽坂・茶粥の記」...      trouble goes on >>