猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 18日

スタージョン「海を失った男」読了

e0030187_140343.jpg











 シオドア・スタージョン「海を失った男」(河出文庫 08初帯)を
昨夜読み終える。
 ゲシュタルト・シリーズと呼んでいいだろうか。相異なる複数
(二人以上)の人間がそれぞれ自立的に存在しながらも、同時に
融合するひとつの存在になりたい、と願う展開が多い短篇集だ。
 長篇「人間以上」や「夢見る宝石」も、そういえばそんな物語で
あったが、スタージョンがずっと考え続けて来たテーマなのだろう。

 短篇集の編集偏度としては「輝く断片」が好みであるが、こちらの
魅力は、はずむ会話の愉しさだろうか。
 おおげさな舞台装置なぞ要らない。ごくありきたりの人々が集まる
バーで、むずかしい言葉を使わず、まじめに話し合う。たとえば
「成熟とはどんなことを意味するのだろうか」と。

 あるいはボーイ・ミーツ・ガール物語かと思えば、クンダリーニ・
ヨガの話であったりする、どこへ連れて行かれるかわからない、
スタージョンらしいヘンさ。

 いちばん好きだったのはタイトル作「海を失った男」。
 この短篇集全部に惹かれたという訳ではない。「真善美」の中で
「美」よりも「真善」に重きが置かれているような感じが、どうも
ストライクではなかったので。
 でもスタージョン、もっと読もう!
[PR]

by byogakudo | 2008-06-18 14:02 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「グラディーヴァ/妄想と夢」を...      「父子目付勝手成敗」余話/お師... >>