猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 24日

メグレ警視シリーズの不思議

e0030187_1353021.jpg








 たまたま、そうなったのだろうけれど、続けて読んだ3冊全部に
出てくるのが、ベッドの下の居候。
 家出したフランスの若者はみんな、友人宅のベッドの下に
寝かせてもらうのかと思い違いしそうだ。

 「メグレと若い女の死」で殺される若い女は、南仏から家出して
パリに出る。長続きする仕事がなく、下宿代が払えないことが多い。
要領のいい女友だちが寄宿している叔母さん宅に、こっそり泊めて
もらう。冬のパリの少なくとも数週間、毎日、叔母さんが仕事で
出かける時間まで、ベッドの下に潜んでいたが、ある日見つかって
追い出された。

 「メグレとベンチの男」では、被害者の娘のボーイフレンドが、
男の友人宅のベッドの下に寝る。彼はパリに両親の住まいがあるが、
殺害者と疑われるのを怖れて(殺人ではないが褒められないことは
している)友人宅のベッドの下に一夜を明かす。女より根性が足りない
のだろうか。
<「・・・体はあちこち痛くなるし、始終くしゃみが出そうで。
 アパルトマンが狭い上に、ドアは開けたままになっているから、
 友だちの叔母さんが動きまわる音が聞こえるんです。・・・」>
(p217)

 昨夜から読み始めた「重罪裁判所のメグレ」(シムノン 河出書房新社
77初帯VJ)には、本筋とは無関係らしいが、銀行強盗を企てた若い男たちが
出てくる。三人組であるが、ふたりは同時に捕まる。
<「リュカが二人を捕まえたんです。ひとりは坊やの母親の家で。
 もうひとりの坊やはベッドの下に隠れていて、母親も気づかなかった
 んです。三日前から二人は外出しなかった。可哀そうなのは母親で、
 息子が病気だと思い、ラム湯をつくってやったりしていた。・・・」>
(p75)
[PR]

by byogakudo | 2008-06-24 13:05 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「重罪裁判所のメグレ」「メグレ...      メグレ2冊/草間弥生シルクスクリーン >>