2008年 06月 30日

プリースト「魔法」を読み始める

e0030187_1316553.jpg











 草間弥生シルクスクリーン「かぼちゃ」(緑色・縦長)、レゾネ番号
229、エディション番号61/120、サイン入り、白い額付きの下に
やっと、今週の新着欄がアップしました。よろしく。
 新着欄
 
 女のお客さまからお借りしたクリストファー・プリースト「魔法」
(ハヤカワ文庫 05初)を昨夜から読む。

 プリーストは療養所が好きなのだろうか、「双生児」や「奇術師」
より前に書かれたらしいこの作品でも、主人公は爆弾テロで重傷を負い、
療養所暮らしをしている。怪我は癒えつつあるが、事件前後の記憶は
失われたままだ。

 たしかに療養所は社会から隔絶され、いわば無人島や修道院の
閉ざされた庭、あるいは胎内にも似た、孤立した世界である。
 生まれ直すことが彼の仕事だ。彼の毎日は、リハビリと失われた
数週間の記憶を取り戻すことに費やされる。
 主人公は報道カメラマンであったが、つき合っていた女友だちと
諍いを起し、彼女の部屋から帰る途中で、テロの巻添えを食う。
[PR]

by byogakudo | 2008-06-30 13:08 | 読書ノート | Comments(0)


<< プリースト「魔法」もうすぐ読了      「メグレと宝石泥棒」「メグレと... >>