猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 22日

カルヴィーノ「パロマー」読了

e0030187_13241847.jpg











 やっと読み終える。目に見える世界をひたすら見つめ(近視
なので眼鏡の助けを借りて)、世界認識に至ろうと願っては
いつも未遂するパロマー氏の物語。これで要約になっている
だろうか? 思考運動を記述して行くタイプの小説。

 浜辺で海を見ながら、ただひとつの波、プロトタイプとしての
波の形状を目撃しようというような野望を抱くのだから、認識
未遂に終わるのは当然。森羅万象、対象がなんであれ、同じ態度で
向き合い、出発点に戻る。思考の軌跡は書かれた言葉として
残るけれど。

 イタロ・カルヴィーノってSF作家かなあ? たしかに早川書房の
「海外SFノヴェルズ」シリーズに「レ・コスミコミケ」(未読)が
入っているが。

   (イタロ・カルヴィーノ 岩波文庫01初)

 昨夜からドメスティックに「林芙美子随筆集」(岩波文庫 03年3刷)。
1935年前後の落合は、
<町の中に川や丘や畑などの起伏が沢山ある>(p26)のんきな郊外だ。
[PR]

by byogakudo | 2008-07-22 13:24 | 読書ノート | Comments(2)
Commented by microjournal at 2008-07-22 18:16 x
関係ないのですけれども、佐伯祐三の下落合のサイトみつけました。
まさに「のんきな郊外」風景。

http://www006.upp.so-net.ne.jp/jsc/saeki2/point.htm
Commented by byogakudo at 2008-07-23 13:45
アトリエ内部も公開されそうですね。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20080722/CK2008072202000096.html?ref=rank


<< 雀百までポップス忘れず/暑中お見舞い      柳下毅一郎「愛は死より冷たい」読了 >>