猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 01日

都電荒川線、一部往復

e0030187_2035676.jpg











 新着欄の用意はできているので、今日は散歩(という名の
行軍になるのが通例)。

 大江戸線・副都心線乗り継ぎで雑司が谷下車。憧れの都電
荒川線に乗る。早稲田から乗ればよさそうなものだが、荒川線
早稲田駅の場所を知らない。地下鉄乗継ぎの便を採った。
 バスと同じで料金を中で払う(160円)。

 沿線風景がいい。最初は坐っていたが、我慢できずに立って
外を眺める。全駅で降りたくなるのが困る(池上線にも同じ欲望を
抱いているが)。
 一応、町屋で降りて三ノ輪へ向かおうというプランだったが、
町屋二丁目下車になる。降りて商店街を歩く。ちょっと違うか?
 ふたりとも東京西部しか知らない。ここらは未知の街。

 大通りはつまらない。都電の路線からあまり離れないよう
歩いていたら、ジョイフル三ノ輪という長い商店街に行き当たる。
 ここもちょっと違う。三ノ輪橋駅近くの怒濤の珈琲ことドトール
コーヒーで休憩。大きな道路が街を切断するのだと思う。
 浄閑寺の場所を調べていなかったし、また都電で戻る。行きに
見てよさそうだった向原まで。

 向原も違った。どう違うかは言いがたいが、きれいに年老いるか
どうかの違いのような。プチブル的だけれど。
 雑司ヶ谷霊園を抜けて鬼子母神前・地下鉄雑司が谷まで歩く。
路地歩きなら、やっぱり雑司が谷かな。大通りに挟まれているが
マッスとして存在している。
 駅近くで、この間も見かけたモノクローム猫に会う。

 次回は学習院下で降りてみようか。飛鳥山の紙の博物館、という
手もある。
 1時過ぎに出て途中30分ほど休み、4-5時間、歩くか立っているか
していた。帰りの荒川線に西日が射しこむ。ふさわしく、うつくしい。
 初めて荒川区に足を踏み入れた日。
[PR]

by byogakudo | 2008-08-01 20:13 | 雑録 | Comments(0)


<< 荒川線沿線風景/「林芙美子 巴...      「林芙美子 巴里の恋」を読み始める >>