2008年 08月 16日

1/3の法則?

e0030187_11374129.jpg









 Click to enlarge.


 まずは、今週の新着欄です。よろしく。
 新着欄

 昨夜、最後に残ったエリック・フランク・ラッセル「証言」も
読み終え、全篇読了した「20世紀SF 2 1950年代 初めの終わり」
(ディック他 河出文庫 00初)であるが、妙な法則ないしジンクスを
思いつく。

 オムニバス映画は、三監督・三作品で構成されるのが殆どであろうが、
三作みんな面白い、ということはまずない。大抵、一作品だけ素晴しく、
あとは退屈な場合が多い。確率1/3である。「世にも怪奇な物語」なぞを
思い出してみて下さい。フェリーニ/テレンス・スタンプの最後の一篇
以外のひどかったこと。

 これは「1/3の法則」あるいは「3割ジンクス」と呼んでもいい
のではなかろうかと、「20世紀SF 2」の面白かった短篇を数えながら、
思いついた。
 収録14作品中、よかったのはディック、ヘンダースン、ベスター、
スミス、スタージョンの5作品である。確率3.5割だから、野球の打率で
いえばすごいヒット作揃いのオムニバス短篇集だ。

 だからどう、というにはデータがなさ過ぎて、これ以上、べつに
展開しない、ただの思いつきですが、他のジャンルで何かないかしら。

 うっちゃられていた「グルーム」(ジャン・ヴォートラン 文春文庫
02初)にふたたび取りかかる。一応覚えていたが、なんだか間抜けな話に
なりそうな悪い予感。
[PR]

by byogakudo | 2008-08-16 11:38 | 読書ノート | Comments(0)


<< ジャン・ヴォートラン「グルーム...      近所を散歩/2冊読了 >>