猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 09日

フエンテス「アウラ・純な魂」読了

e0030187_18341920.jpg









click to enlarge.


 フエンテス短篇集である。まず、お客さまから薦めていただいた
「女王人形」から読む。

 すばらしい。
 主人公の青年がふと思い出し、心惹かれる少女の名前が「アミラミア」。
原文を知らないので「アミラミア」の綴りは不明であるが、amie+lamie、
女友だちにして女吸血鬼、の意味が込められているのかしら。

 海で拾った瓶に入っていた手紙のように、忘れていた本の中に
挟まれていた、白いカード。子どもっぽい下手な字で書かれた
メッセージと地図に導かれて、青年は少年期の出会いを思い出す。

 夢想的な14歳の少年と、彼にまつわりつく7歳の少女。いつも
公園で会っていた彼女の姿と行為が、映画のスティルの説明みたように、
克明に1場面ずつ記される。子どもっぽさと妙に大人びた一面をもつ
少女・アミラミア。
 しかし青年期に入りかけた少年は、子ども/大人な彼女の振舞いを
煩がり、拒否し、彼女は去ってしまう。

 追憶にそそのかされた青年は、ある日、地図に記された彼女の家を
訪れるが、気配はあるのに誰も応えない。
 二度目の訪問は家主の代理人を騙って、ドアを開けさせる。そして
その日の午後、三度目にして、少女の死を伝えられる。老いた両親に
幼いころの様子を尋ねられ、ふたたび彼は公園での記憶のスティル
ショットを口にする。

 直後に見せられる、少女の死を再現した室内の描写が圧倒的だ。
タイトルの「女王人形」とは、陶器でつくられた死体の人形を指す。
彼女のベッドにまるで眠るように横たわり、部屋は花と蝋燭と子どもの
おもちゃで一杯だ。胸苦しくなるほど彩られた、華麗な死の部屋。

 (名前を覚えていないが、幼い死者を天使のように飾り立てて撮った、
ラテンアメリカ在住の日本人写真家__どこで見たのか? かつて
中南米では、死者を盛装させて悼んだのであろう。あの写真や、「マリ
クレール」から切り抜いた、横たわる蝋人形の写真を思い出す。)

 ストーリーを書き過ぎた。本を読んで下さい。すばらしい。


 フエンテスやコルタサル(時々、区別がつかなくなる)の具体的な
事物(オブジェ)の描写と__いや、小説自体がすでにオブジェだ__、
そこから喚起されるホログラフィックな映像。具体性豊かに抽象性へと
読者を連れてゆく、言葉の力。

 表題作「アウラ」に関しては前に書いた(フエンテス「アウラ」再読
通りである。この翻訳では、こじんまりと見通しのよい物語に
なってしまった。

   (カルロス・フエンテス 岩波文庫 95初)
[PR]

by byogakudo | 2008-09-09 12:23 | 読書ノート | Comments(6)
Commented by chocochip. at 2008-09-09 23:10 x
お世話になります。「アウラ・純な魂」、私も好きです。木村榮一訳ですが。シュティフター「水晶」もいいですね。
Commented by Soosianus at 2008-09-10 14:34 x
あの短編集のなかでは、チャック・モールも好きですよ。
水浸しの、黴の生えた神。
安物の香水の匂いをぷんぷんさせて、
唇から口紅がはみ出した黄色い顔のインディオ。。。
どこかであんなインディオに会ったことがあるような気がします…
Commented by byogakudo at 2008-09-10 18:11
chocochipさま> ご無沙汰しております。ラテンアメリカ文学は
イメージが豊かですてきですね。
話は変わりますが、chocochipさまのブログ「080903,TOKYO」
写真にある坂道や東屋にSが記憶を刺激され、でもどこだったか
思い出せない、と言っております。

Soosianusさま> 「チャック・モール」に、映画「召使」の
構図を思い出しては変でしょうか?
Commented by chocochip. at 2008-09-11 00:08 x
Coco様S様 ご指摘光栄です。080903は取材の合間、できた時間で撮したもので、自分でもどこか懐かしいデジャブ感がありました。東屋は山王4丁目の弁天池裏、坂道は同じく山王の細い迷路の奥、山の中腹で、ごく一部の人しか通らない坂道。脇で猫が昼寝をしていました。時間があったら馬込文士村を散策したい今日この頃です。
Commented by at 2008-09-11 20:46 x
こんばんは。
こんなに早く、「女王人形」の読後感想を読めて、とても嬉しいです。
やはりすばらしい短編ですよね。
アミラミアのつづりはAmilamiaですが、猫額洞さんの推察どおり
かもしれません。

では、中野の方面に行く用事あれば、是非立ち寄ります。
Commented by byogakudo at 2008-09-12 21:02
卓さま> お薦め通りのすばらしい短篇でした。エンディングの
無惨さといい、完璧な美だと思います。


<< 三橋一夫「天国は盃の中に」読了      選客万来 >>