2008年 09月 16日

池部良「心残りは・・・」読了 他

e0030187_139521.jpg









click to enlarge.


 日本経済新聞「私の履歴書」と東京新聞「この道」に連載された
自伝をまとめたもの。前者は(取っていないので)知らないが、
後者は毎夕読んでいた。覚えていないものである。
 東京っ子のエスプリを感じさせるエッセイ集だ。

    (文春文庫 04初)

 夜中は「われ笑う、ゆえにわれあり」(土屋賢二 文春文庫 03年14刷)を
読み出す。すみやかに忘れられる後味のなさがいい(褒めています)。
[PR]

by byogakudo | 2008-09-16 13:10 | 読書ノート | Comments(0)


<< 麻生太郎が吉田健一の甥である      ブッツァーティ「偉大なる幻影」読了 >>