2008年 09月 17日

麻生太郎が吉田健一の甥である

e0030187_15473998.jpg






click to enlarge.


 はなはだ残念なことである、麻生太郎が吉田健一の甥である、
なんて。ひとは肉親や親戚を選ぶ訳には行かないのだが。

 東京新聞9月15日付け「本音のコラム」に、山口二郎が
「野中広務 差別と権力」(魚住昭 講談社)という本から
引用している。その箇所を孫引きすれば__

< 麻生太郎は野中広務について、被差別部落出身者を総理に
 するわけにはいかないと、自民党河野派の会合で発言した。>

< 野中広務は引退直前、最後の自民党総務会で、麻生太郎の
 面前でこのことを暴露し、厳しく糾弾した。>ということである。

 もし麻生太郎の「被差別部落出身」云々の発言が事実なら__
彼の数々の「失言」履歴を思えば、事実の可能性は低くなさそうだが
__少なくとも政治家として不適任ではないか、とわたしも思う。
 
 TV各局も、「オタク」文化に理解ある政治家という側面だけ伝えて
視聴率を稼ごうなぞと姑息なことばかりしてないで、麻生太郎失言録でも
まとめて報道してみればいい。

 政治家や政治屋に期待したことはないけれど、人間として恥ずかしい
存在を、わざわざ選ぶ人々の気が知れない。
[PR]

by byogakudo | 2008-09-17 16:13 | 雑録 | Comments(0)


<< 小林力「深川の隠居 父子目付勝...      池部良「心残りは・・・」読了 他 >>