猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 30日

谷克二「サバンナ」半分だけ

e0030187_12515066.jpg






click to enlarge.


 「追うもの」「白牛の山」「北の狩人」「サバンナ」の
4篇が収録された「サバンナ」(角川書店 76初 帯)を何度か
トライするも、前半2篇で読了、とする。
 巧いとは思うが、狩猟がモティーフなのが馴染めなくって。

 過去形「した」「だった」の意識的多用は、ハードボイルド
あるいはヘミングウェイの影響だろうか。
 といっても、フィッツジェラルドは読んでもヘミングウェイを
読んでいない(読めば、たぶん面白いのだろうが、共感する
かなあ? マチスモ=マザコンと固く信じていることだし)ので、
この件り、信用しないでください。

 特に会話に頻出する「作ってくれんか」「どうするんかね」
「赤鹿に出会うかも知れん」(「追うもの」より)等の会話時の
「ん音便化」には、やや疑問を抱く。たしかにしゃべり言葉では
「知らないよ」ではなく「知らんよ」とカジュアルに発声する
けれど、文字として書かれた場合、多用されると違和感を感じる
のだが。

「フォルクスワーゲン18番工場」にもあったが、この初めての
短篇集にも、戦争の長い影が射している。

 スペイン市民戦争が背後にある「白牛の山」は、アフリカ大陸を
徒歩で縦断したグローガン氏のエピソードでブレイクを入れるあたり、
巧い。
 恋人の父親とのはてしない距離を思って、「カイロからケープタウン
まで」(「たいへん遠い」の意味)と、主人公につぶやかせるのだ。

 細かいエピソードだが、恋人と出かけるとき、ネクタイの結び方で
諍う場面も好きだ。彼はウィンザーノットにしようと思い、彼女は
普通の結び方(シングルノット)にしてよと言う。
 彼らは留学先のロンドンで知り合ったのだが、いかにも70年代風俗で
あり、日本から来た若くてがむしゃらな主人公と、保守的なヨーロッパ
(スペイン)の家庭に育った恋人である女性との対比が、伝わってくる。
[PR]

by byogakudo | 2008-09-30 12:03 | 読書ノート | Comments(0)


<< 桂文楽「あばらかべっそん」再読中      色川武大「寄席放浪記」読了 >>