猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 17日

初めての荒川線、初めての隅田川

e0030187_20204786.jpg









click to enlarge.


 義母を散歩に誘う。生まれも育ちも東京の彼女であるが、
東京っ子の常として、自分の界隈しか知らない。幼少期の
神楽坂、そして高円寺、中野富士見町。

 都電はもちろん乗っていたが、荒川線は縁がない。隅田川にも
行ったことがない、と言う。それじゃあ、行きましょう。お天気もいい。

 荒川線を始発の早稲田から。三ノ輪の手前で降りて、ジョイフル
三ノ輪散策を考えていたが、
 「どうせなら終点まで、ずっと乗っていたいは」

 「(進行方向の)線路をずっと眺めていると、まるで昭和十五年みたい。
二十年じゃないのよ。周りの風景はもちろん違っているんだけど、
昭和十五年の感じなの」

 終点三ノ輪で下車。三ノ輪駅にも感激した様子だ。予想通り、ジョイフル
三ノ輪商店街は気に入って、えんじ色のサルヴィア鉢に惹かれたりする。
 「砂場」で休憩兼昼食をとる。店内は外観と違って、VANの聖地みたいに
コレクションが飾られている。1960年代ファンはぜひ。

 一駅歩いてまた荒川線に乗る。今度は、「一度行ってみたかったの」の
あらかわ遊園まで。
 ここは、わたしたちも初めて。観覧車から隅田川が臨めるとwebで知り、
行かなくては、と思っていた。

 駅からすぐ見えるのは公園で、あらかわ遊園はその奥だった。可愛らしい。
早速、観覧車へ。
 外から見るよりずっと高く上る。観覧車の動きに連れて隅田川が広がる。
ここも親水公園になっている。行かなくっちゃ。
 愛らしいティーカップ状の乗物にも乗ってみたかったし、小さな動物園も
堪能したかったが、川が呼んでいる!

 親水テラスに降りる。義母も隅田川の大きさにびっくりする。
(いつか三人で水上バスに乗ろう。)

 あらかわ遊園隣の神社で少休。このまま帰ろうかと聞いてみたら、
もうちょっと、どこかに寄りたい、と言う。

 荒川線で東池袋まで。雑司ヶ谷霊園を少し歩く。「旅猫雑貨店」への
道に出る。
 金子さんが表でお客さまと話している。挨拶して店内へ。義母は
お土産を買い、わたしも編みぐるみ(?)を買ってもらった。

 新宿で夕食。疲れ過ぎてはいないようで、よかった。
[PR]

by byogakudo | 2008-10-17 20:44 | 雑録 | Comments(2)
Commented by かねこ at 2008-10-18 05:24 x
わぁ、盛りだくさんの小さな旅、だったのですね。
お立ち寄りくださってありがとうございました。
荒川遊園は小さい頃よくバスに乗って遊びにいきました。
スピードや急下降よりも、壊れそうなことが怖かった
ジェットコースターはまだあるのかしら。
私も遊びに行きたくなりました。
Commented by byogakudo at 2008-10-18 17:27
いいなあ、子どものときに、あらかわ遊園にいらした
のですね。
ジェットコースター、あります。スカイサイクルというのも
あって、大人の頭上を漕いで行く男の子がいました。
ディズニーランドなんぞ、メじゃありません。素敵な
遊園地でした。

母が「わたしも、旅猫雑貨店のようなお店を
やってみたかった」と言っておりました。


<< 今日は早めに閉めます      「大予言者カルキ」読了、「マー... >>