猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 14日

ふたりで五反田へ

e0030187_19434092.jpg









click to enlarge.


 寝不足のSと風邪気味のわたし、ふたりで五反田へ向かう。
地下鉄を出たら澄んだ青空が見える。前回は大雨、階段で
しばらく、風雨の弱まるのを待っていた。
 今日は古書展よりカメラ日和だ。

 それでも、やはりまず古書会館へ。1階でごそごそ、2階でも
軽くごそごそ。Aの反動で非Aなるものばかり買っていたような
気がする。HP 09a向けを2~3点、単行本もおよそ今流行らない
岸田國士だの、補償作用ってものか。

 1時間くらいで外に出る。島津山から御殿山方面へ散歩。
つくづく東京は坂の街だ。久しぶりの陽射しだから、低地では
猫をあちこちで見かける。坂の上の住宅街では見ない。
 高級住宅地と称されるのだろうが、新建材でパウチッコされて
どこが高級なのと、思わず悪口が出る。

~11月13日より続く

 往復の地下鉄内で「雑種文化」の続き。明治からの問題を
結局何も解決しないまま、やって来たのが日本ではないかと、
いつも漠然と感じていることを再確認するみたいだが、加藤周一が
細やかな手つきで問題点を腑分けして行く作業を読んでいると、
やはり新鮮だ。

11月15日に続く~
[PR]

by byogakudo | 2008-11-14 20:02 | 雑録 | Comments(0)


<< 「雑種文化」もう少し      加藤周一「雑種文化」を読み始める >>