2005年 09月 12日

まず感謝の言葉を皆様に!

 ありがとうございます。おかげさまでブログランキング登録1週間で、50位以内に
入れました。
 ほんとかしらと思いつつ、毎日チェックしていますが、本当ですね・・・。今後とも
よろしくお願い申上げます。(ベスト10内だったら、もっと猫額洞HPも見て頂ける
確率が上がると、皮算用主義者が 厚かましくも 申しておりました。その前に、本棚の充実を図るべきでしょうに。)
               
                  
 昨夜は「鶴八鶴次郎」並びに「妻」。「鶴八」はかなりコメディー・タッチがあったので救われた。基本は人情藝道ものだが。
 山田五十鈴がここでも美しい。鶴次郎との結婚話が決まり、弟子たちに冷やかされる場面の洗い髪姿。若い女弟子たちと一緒にキャーキャー騒ぐ様子も、女学生ぽくて
愛らしい。
 長谷川一夫に関しては__花柳章太郎もそうだが、当時の男優にダイエットという
観念がなかったのが、よく解る。劇場で見れば、舞台映えする大造りで立派な顔立ち
だけれど。

 立派な顔といえば、「妻」の高峰三枝子もそうだ。美人というより立派と言いたい
あの顔で、倦怠期の奥さんを力演する。おこうこ の残りを摘みながら食卓をかたし、
おせんべは縦に口に運び、美人がやってはならない行為ばかり 堂々と演っている。
いいんだろうか? 「めし」の原節子も貧にやつれた役柄だったが、成瀬は美人を
らしからぬ状況に置くのが好きだったのかしら? 女性向きの映画と分類されていた
筈だが、封切り時の女性客たちは、どんな思いで画面に浸っていたのか?

 戦時中のしかたない時代物と異なり、戦後の作品は、やっぱり成瀬巳喜男。
 「妻」は前に見たことがあるが、再見して、こんなに戦争の影ある映画かと驚く。
高峰三枝子=上原謙夫妻が貸している2階の住人は、抑留されていた夫の帰りをずっと
待っていたのに、帰ってきた夫はふぬけみたいになって妻の稼ぎに頼っているとか、
上原謙が心を動かす会社の元同僚も、戦争未亡人だったりする。

 成瀬映画の魅力のひとつが、カメラが登場人物とシンクロする時だ。
 上原謙の浮気の証拠を発見した高峰美恵子が、思わず気が遠くなる瞬間、カメラも
揺らぐ。
 妻が夫の愛人に談判しに行くシーン。路上を足早に進むふたりの女、妻のバストショットではカメラも少し息せき切り、愛人に切り替わると速度を控える。
 成瀬巳喜男の映画こそ、文字通りの cinematographe だ。

クリックをお願いいたします。
人気blogランキングへ
[PR]

by byogakudo | 2005-09-12 16:23 | 雑録 | Comments(0)


<< 昨夜は「妻よ薔薇のやうに」      「歌行燈」はスポ根だった >>