猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 24日

「シルヴェストル・ボナールの罪」読了

e0030187_14191782.jpg






click to enlarge.

~11月21日より続く

 第二部は、老学者が初恋のひとの孫娘を救う物語。
彼女は負債を抱えて死んだ両親のおかげで、寄宿学校で
使用人兼生徒の立場にいる。恋が実らず独身を通してきた
シルヴェストル・ボナールは、彼女を惨めな境遇から救う
ことを最晩年の仕事にしようと決心する。

 「シルヴェストル・ボナールの罪」という題名が謎であった。
ひっそり暮らす老学者が、どこでどうやって犯罪行為に
加担するのだろうと思っていたら、後見人によって、成人する
まで寄宿学校にいることを強制されている彼女を、自分の
住まいへ連れ帰ることが誘拐行為に当たる。

 この事件も、第一部の古文書の顛末と同じように、ご都合
主義的決着を見るのだが、気になることはこれではない。
19世紀末頃の小説に出てくる女教師や、女の寄宿学校
経営者に対する扱い方である。

 ウィルキー・コリンズ「月長石」や「小公女」のミンチン先生を
思い出すと、彼女たちはいつも悪役ないし馬鹿げた存在として
登場するが、ここでも寄宿学校経営の独身女性は、貧相な
後見人同様、成り上がり志向の俗物として描かれる。

 ブルジョアジーの自己保存本能が、自分の階級の下にいる
彼ら・彼女等を馬鹿にすることによって保たれているのかと、
考えたくなる。ブルジョアや貴族階級の俗物性だって、描こうと
すれば、いくらでも思いつきそうなものだけれど。
 典型というよりパターン化に思える。

   (アナトール・フランス 岩波文庫 76再 帯)
[PR]

by byogakudo | 2008-11-24 14:19 | 読書ノート | Comments(0)


<< 上野千鶴子「おひとりさまの老後」瞥見      少女たち >>