猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 25日

上野千鶴子「おひとりさまの老後」瞥見

e0030187_16484916.jpg









click to enlarge.


 義母に読んでおいてもらおうかと、上野千鶴子
「おひとりさまの老後」(法研 07年13刷 帯)に
目を走らせる。

 ちょっと無理かなあ? 
 『介護される側にもノウハウがいる』の章なぞ、
彼女の性格を思うと、洗脳ではない、人格改造セミナーに
でも通ってからなら実行可能かもしれないが、今のままでは
読んでも決して納得しないことが、確実だ。

 ま、「何かの参考になるかも」くらいで手渡せば
読んでくれるだろうか。「意味のわからない言葉は
すっ飛ばして、わかるとこだけ読めばいいんですよ」と
つけ加えよう。
[PR]

by byogakudo | 2008-11-25 16:43 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「おひとりさまの老後」「義男の...      「シルヴェストル・ボナールの罪」読了 >>