2008年 12月 01日

師走

e0030187_1333564.jpg









click to enlarge.


 「師」じゃないのに、なんで年末は忙しく感じるのだろう。
レジ周りの小物を閑にあかせて少しずつ片づける。

 菱形のレースを一片挟んで入れた黒い額は、むかし
佐藤薫氏と鈴木創士氏から、誕生日のギフトに頂いた
ものだと、ふいに思い出す。
 小さなお人形は、開店祝いに五月真理矢から。
 猫の額は、中学の友人のお母さまから、同じくお祝いに。
ものには、みんな、それにまつわる思い出がある。

 昨夜は久しぶりに五月真理矢から電話があり、長話した。
体調が少しよくなったそうで、安心する。焦らずにぼちぼち
動いてね。どんなことでも潮時はあるのだから、それを
感じて動けばいいのだと思う。
[PR]

by byogakudo | 2008-12-01 13:34 | 雑録 | Comments(0)


<< J・F・コアトムール「引き裂か...      12月3日(水)と9日(火)、... >>