2008年 12月 03日

胸いっぱいのアスベストを!

e0030187_22431181.jpg









click to enlarge.


 臨時休業なので散歩に出る。お目当ては2-3週間前に
見た解体中のビルである。三鷹台の帰るさ、バスで
戻っていたら窓越し、方南通り沿いにいきなり、怪獣のような
姿でのしかかって来た。
 気になってはいても、なかなか出かけられない。もう解体
し尽くされ、更地になっているかも知れないが。

 部屋からぶらぶら歩きしながら横道に入る。静かな
住宅地には似合わない、いかにもバブリーなポストモダーン
廃墟にぶつかる。萌える。
 珍しくわたしも小型カメラを持って出たので、撮る。
普段はカメラを持たない。だって、
 「あそこ!」と指差せば、わたしの目が見てとった通り、
いやそれ以上のフレームで風景を切り取ってくれるSが
いるので、カメラを持つ必要がない。

 方南通りに出る。あった。萌える、萌えまくる。小型カメラで
寄りが効かないのは解っているが、それでも撮る。Sは
ズームを使う。いいなあ。
 気がつくと、同じく解体現場を撮るひとが、ひとり、又ひとり。
廃墟愛が群れている。

 胸いっぱいのアスベストや塵埃を吸い込みながら撮った。
先が短いんだもの、一向に構わない。
[PR]

by byogakudo | 2008-12-03 22:50 | 雑録 | Comments(0)


<< 「引き裂かれた夜」読了      J・F・コアトムール「引き裂か... >>