2008年 12月 19日

中村弦「天使の歩廊」読了

e0030187_20563826.jpg









click to enlarge.


 新制中学と旧制とが、ごっちゃになっているような、と
書いたのは早とちりだったようで、第四章「製図室の夜」
によれば、主人公・泉二は飛び級して友人・丈明と
同級になったそうである(p180)。失礼しました。

 ときに腑に落ちない点があっても、時代考証はかなり
しっかりしている小説だ。泉二が設計する建築物も、
それぞれ魅力的である。
 だけど、なんか、大好きとは言えない。

 後半、徐々に泉二が人間というより、神から使わされた
天使的存在であることが明らかになる辺り、あまり
説得力が感じられないのだが。

 説得力でいえば、その前の、探偵小説家のために
建てられた「迷宮閣」が、地上にありながらも天界に
移行するための建築である、との描写も不足している
と思う。ここが淡白に描かれていては、読者は、納得
できないんじゃないだろうか。

 最終章では、泉二は満州の地に赴く。
<新京のずっとさきのほうに町をひとつ>つくりに行く(p312)
そうであるが、人間ではなく天使だから、満州国建設に
携わっても責任は問われない、ってことかしら? (それとも、
続編を書く予定で、そこでは堕天使の苦悩が描かれる
ことになるのか。)

 たぶん、「やさしさ」が好きになれない理由であろう。
出来は悪くないのだけれど。

   (中村弦 新潮社 08初帯)
[PR]

by byogakudo | 2008-12-19 21:27 | 読書ノート | Comments(0)


<< 冬休み?      「天使の歩廊」途中 >>