猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 28日

斎藤美奈子「読者は踊る」から「井上ひさし笑劇全集」へ

e0030187_1815672.jpg






click to enlarge.


 いつも何だかよく解らない読書傾向をご披露している感が
あるけれど、幅はせまい。文明批評家・斎藤美奈子の本を
読むと、仕事とは言え、得意科目ではない理系の本にも
食らいつき、噛み砕いて、ポイントを外さずレポートしてくれる。
ありがたいことである。自分で読もうとは思わないが。

 「『ばかけんちく』が林立する九〇年代日本の風景」の章では、
バブリーな建物が集団発生した80~90年代の状況を伝える
「偽装するニッポン」(中川理 彰国社 96年)が面白そうで、
いつか読む本のリストに入れよう。

 ここまで書いて制限時間(?)が来たので続きは明日にでも、
もし内容がまだ憶えられていたら、ということで・・・。
 大丈夫かなあ?

   (斎藤美奈子 文春文庫 04年5刷)
[PR]

by byogakudo | 2008-12-28 18:20 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「読者は踊る」残りと「井上ひさ...      ピーター・ディキンスン「生ける... >>