猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 14日

ねこ新聞のこと

 猫額洞店頭には、ねこ新聞が貼ってある。ご存知の方には説明不用だが、猫と本を愛する人のためのタブロイド版月刊誌である。「きゃあ、かーわいいッ!」でない、
大人が読める猫の雑誌だ。

 月刊「ねこ新聞」は定期購読が原則だが、特集号に限って、当店でも委託販売を
行っている。南方熊楠、稲垣足穂、茂田井武、熊谷守一の各特集号に続き、「吾輩ハ
猫デアル」刊行100年記念号も取扱えることになった。
 漱石の孫にして作家・半藤一利夫人の半藤末利子氏のエッセイ他、漱石と「猫」に
関する特集号である。お勧めです。

 「ねこ新聞」は、編集長原口緑郎氏の執念が生んだ奇蹟の雑誌でもある。
 創刊1年に足らずして編集長が脳出血に倒れる。リハビリテイション数年を経、
原口氏は遂に「ねこ新聞」を復刊。一度 休刊した雑誌が復刊されること自体、数少ない
できごとであり、復刊が文字通りrebornであることなぞ希有のことだが、原口氏と
「ねこ新聞」とは、待ち望む読者とともに奇蹟を成し遂げ、今に至っている。

                   *

 今週は夜毎、成瀬巳喜男を見ては「シルトの岸辺」を読んで眠りに就いている。
気持と頭の切換えがうまく行かなくて、時々混乱しながら、それでも結構幸せに
夜を過ごしている。昼間も幸せなら言うことなしだが、早く涼しくなって、店内に
人気(ひとけ です、にんきじゃありません)が戻ることを願いつつ。

クリックをお願い致します。
人気blogランキングへ

 
[PR]

by byogakudo | 2005-09-14 12:58 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「シルトの岸辺」      昨夜は「妻よ薔薇のやうに」 >>