猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 06日

三鷹市の靉嘔展

e0030187_179092.jpg









click to enlarge.


 6日間という異例の長期休業は、昨年末、アーティスト/
コレクター・森秀貴氏のお誘いに始まる。

 三鷹市のぎゃらりー由芽では、「森秀貴・京子コレクション展」
というタイトルで靉嘔他、フルクサス関連の作家の作品や、
瀧口修造・杉田瑛九等、日本のシュルレアリストの作品が
展示される。1月5日オープンだ。

 三鷹市美術ギャラリーでの「レインボー喜寿 靉嘔展」は、
森夫妻の寄贈によるコレクションを元にした展覧会である。
 この内覧会が同じ1月5日に行われる。三鷹市の二カ所で、
日本のモダーンアートの始まりに触れることができる、という
同時進行企画である。

 だから、1月5日は「三鷹集合だよ!」と、お招き、ないし
動員がかかった。滅多に三鷹に出かけるチャンスはない。
この日しかない。前から行ってみたかった古書上々堂
禅林寺にも廻る計画を立て、休日が延長される。

 そして、安土修三・ガリバー氏とSの間に、新宿時代の
彼らの(友人の)名前が飛び交う宵が、三鷹市美術ギャラリー
において発生したのであった。
[PR]

by byogakudo | 2009-01-06 14:10 | アート | Comments(0)


<< H.R.ハガード「黄金の守護精...      S、三鷹で40年を一瞬に解凍する >>