2009年 01月 10日

常盤新平「ニューヨークの女たち」読了

e0030187_13304068.jpg









click to enlarge.


 2009年度初めての新着欄です。今年もよろしくお願いいたします。
 新着欄
 09年度 microjournal カレンダーも、店頭及びHP上で
販売中です。こちらもよろしく。

 一昨日だったか、常盤新平「ニューヨークの女たち」(大和文庫84初)
読了。同時期に島野功緒「時代劇博物館2」(教養文庫 94初)も、
こちらは拾い読みしていた。伊藤大輔「御誂次郎吉格子」はヴィデオで
見られるらしいが、パセティックで好みに合いそうだ。

 「ニューヨークの女たち」は、スージー・パーカーに捧げられた
短篇エッセイ集といってもよいだろう。

 わたしが辛うじて名前と顔を(映画雑誌の記憶でもって)知っている
くらいだから、スージー・パーカーと言われても、若い方にはピンと
来ないだろうが、1950~60年代のモデル出身の映画女優だ。

 50年代という「アメリカの幸福な時代」を象徴するような、
スレンダーで都会的(都市ではない、都会が在った頃である)な、
著者によれば「ミス・ニューヨーカー」と称されるべき存在だ。
こざっぱりと、自分に合ったものだけ身につけ、化粧気がなく、
生き生きとして自意識過剰の正反対、それでも何故かはっと
人目を惹きつける、夢の少女みたいな若い女。
 きれいなイメージだ。

 著者・常盤新平の世代、敗戦時に中学生だった人々にとっての
「アメリカ」の原像は、おそらく、無垢できらきらして美しいアメリカ、
だったのではないだろうか。東西の冷戦期に子ども時代を過ごした
人間には抱き得ない、美と憧れの対象だったのではないかしら。
 
[PR]

by byogakudo | 2009-01-10 13:06 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「ニューヨークの女たち」補遺      寒いッ! >>