2009年 01月 12日

鏡開きのお裾分け

e0030187_12373343.jpg






click to enlarge.


 久しぶりのお客さまとお喋りしていたら、お向かいの美鈴商店
ご主人がいらっしゃる。手には紙コップが二つ。
 「これ、ほんとは昨日だったんだけど、うちが休業日
だったから、鏡開きのお裾分けね」

 お餅が入った小豆いっぱいのお汁粉である。お客さまと
三人で頂戴した。
 「鏡開き」。何十年ぶりの言葉と実体だ。ごちそうさま!
[PR]

by byogakudo | 2009-01-12 12:36 | 雑録 | Comments(0)


<< シオドア・スタージョン「きみの...      「ニューヨークの女たち」補遺 >>