猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 16日

五反田~高輪台~泉岳寺

e0030187_18414861.jpg









click to enlarge.


 09年度初めての古書展行きは、五反田である。2pm着、
3:20pmに会場を去る。さっと選んで、後は散歩に使い
たいが、入ってしまうと、ずるずる滞在してしまうのが
古書展だ。

 今日も送ってもらう。グレアム・グリーン全集が並んで
いたのに、「ブライトン・ロック」だけない! 誰だ、
買っちゃったのは?!
 心の痛手の穴埋めに、獅子文六「舶来雑貨店」を買う。
1949年版だから紙が悪いけれど、まあ読める範囲だ。

 五反田タリーズで休憩。Sが高輪台方向へ歩こうと
提案する(昨夜も地図を見ていた)。

 JR五反田駅に背を向け、桜田通りの坂を上って行けば
着くだろうと、歩き出す。道の両側に大きな新興宗教系
ビルが目立つ、つまらない通りである。坂がきつい。
 やっと頂上に至ると、すぐに地下鉄高輪台駅。こんなに
近いのか。左手先には、石黒書店が見える。

 数年前の冬休み、高輪台・泉岳寺近辺を歩いたときに
出遭った風景を逆に辿る。今年は風邪を引いて、恒例の
散歩/行軍ができなかった。せめて少しは歩きたい。
 二本榎の消防署を過ぎ、前回歩かなかった消防署側の
裏道をとる。ここも坂が強烈だ。ふと、老後が思いやられる。
 老いてなお、坂道を歩き続けられるかしら。

 いつの間にか泉岳寺。約1時間の散歩だ。古書会館での
時間は入れない。
 80歳近い叔母は、去年の秋はメキシコのピラミッドに上り、
この冬には新発見のカルタゴの遺跡を見に、チュニジアに
行く予定である。毎日1時間歩き、雨の日はジムに通い、
そうやって体力を維持しているそうな。
 そこまでの体力は要らない。ただ、東京が歩き続けられたら
と願う。
[PR]

by byogakudo | 2009-01-16 18:50 | 雑録 | Comments(0)


<< 澁澤龍彦「サド侯爵 あるいは城...      シオドア・スタージョン「ヴィー... >>