2009年 01月 20日

恩田陸「きのうの世界」を読んでいる

e0030187_1320457.jpg









click to enlarge.


 お師匠さんからお借りした恩田陸「きのうの世界」
(講談社 08初帯)を読み出した。520gくらいの
単行本なので、寝床で読んでいると捗らない。

 むかしなつかし「あなた」呼びかけの文体で始まる。
< もしもあなたが水無月橋(みなづきばし)を見に
行きたいと思うのならば、・・・>というイントロダクション
である。やや、こそばゆく思いながら読む。

 怪談がかったミステリなのだろうか。近頃の日本の
ホラーやミステリには、民俗学タッチが多いように
感じられる。それ以外のソースがないのかしら。
 別に民俗学風のネタが悪いとは言わないが、食傷感が
少しある。

 東京の平凡な会社員がある日失踪し、一年後、とある
(民俗学の調査対象になりそうな)田舎町で、死体で
発見される。その調査に赴いたのが、冒頭「あなた」と
呼びかけられる存在である。「あなた」の正体はたぶん
最後に明らかになる作りであろう。

 今夜読むのは、『第10章 散歩する犬たちの事件』の
『図書館での幕間』(p198)だが、ちらと覗くと、タイトルは
明示していないが、作中の「あなた」は「プリズナー」の
ヴィデオを図書館で見ているようだ。暗示的伏線、ですか?
 いまいちノレなくて、それでも読み進める。いつかどこかで
わくわくできれば・・・。
[PR]

by byogakudo | 2009-01-20 13:20 | 読書ノート | Comments(0)


<< コルタサル「秘密の武器」も読み...      井上友一郎「銀座の空の下」読了 >>