猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 28日

獅子文六「舶来雑貨店」でブレイク

e0030187_1349069.jpg











e0030187_1349104.jpg









click to enlarge.


 スタージョンとコルタサルを交互に読む、ヘヴィ・スケジュールな
夜__どちらも頭が上がったまま眠ることになる__に少し疲れ、
獅子文六「舶来雑貨店」(愛翠書房 49初)で一休み。

 敗戦直後なので紙質が悪いが、宮田重雄による挿画装幀の
とぼけたセンスで買った部分がある。戦前の白水社版は、どんな
ルックスだったのだろう。

 「血と泥濘の事件」は、まるで「昼顔」みたいなブルジョア夫人の
事件である。結婚前から「メエゾン・ド・ランデブウ」に通い、
結婚後は夫の依頼で(!)通っていた女性が、夫をピストルで殺し、
自ら警察に電話する、1930年12月14日のことだ。
 「昼顔」のヒントになった事件かしらと思ったが、ケッセルの
「昼顔」はその前年、1929年の発表だ。生活が作品を追った
のであろうか。
[PR]

by byogakudo | 2009-01-28 13:51 | 読書ノート | Comments(0)


<< 獅子文六「舶来雑貨店」読了/リ...      また古本屋の夢を見る >>