2009年 01月 30日

神保町へ/スタージョン「一角獣・多角獣」読了

e0030187_16154643.jpg









click to enlarge.


 去年の暮れからずっと、金曜日というと雨が降る。先週なぞ、
まったく、例外的に晴れていた。
 今週は、そろそろ古書展にいかなくっちゃね。

 雨降り。それでも神保町はひとが歩いている。新刊・古本を
問わず、本屋にひとが入っている。早めに(といっても12:30頃)
着いた古書会館内は、もちろん満員に近い。ラッシュは去って
いるようだが。

 二手に分かれて探す。HPケセランパサラン向きが目につく。
最後に見つけた「愛犬」なる和綴じ風小写真集に悩む。可愛いが、
いつ売れるだろう? 戦前の神戸で飼われていた洋犬(主に猟犬)の
写真集である。裏表紙が取れていて(?)、愛犬家団体の出版物
と思われるが、確認できない。
 犬の写真に、犬と飼い主の名前、大体の住所が記されている。
迷い犬になっても連絡がつくように、という配慮らしいが、犬の表情と、
撮影スポット(洋館の扉前とか、お庭の垣根付近とか、紐をもつ飼い主の
手先だけ写っているところ等のディテイル)がなんとも言えない。
 買っちゃった。ARSの函入り文化生活・文化住宅ものが、高くて買えな
かったし(これも写真が素敵だった)。
 
 昨夜、シオドア・スタージョン「一角獣・多角獣」(早川書房 05初帯)
読了。スタージョンの音感、リズム感のすばらしさは、近年の翻訳の
方が、よく伝えられているのではないかしら。日本人の音感・リズム感が
40年でがらりと変った、というべきかも知れない。
[PR]

by byogakudo | 2009-01-30 16:29 | 読書ノート | Comments(2)
Commented by 岡崎武志 at 2009-01-31 12:36 x
猫額洞さん、いつも楽しく読んでます。ところで、昼のワイドショーで見ましたが、あの商店街に、怖い猫ババアがいるみたいですね。通行人を威嚇し、怒鳴り散らす。猫飼ってて。そのリポートのとき、猫額洞さんも映ってました。いやはや。
Commented by byogakudo at 2009-01-31 15:25
お久しぶりです。彼女はわたしたちにはとても丁寧なのですが、知らない
ひとが猫を見つけて立ち止まったりすると、豹変するのです。やや複雑な
感じです。軟着陸するといいのですが。


<< 近藤富枝「信濃追分文学譜」読了      獅子文六「舶来雑貨店」読了/リ... >>