2009年 01月 31日

近藤富枝「信濃追分文学譜」読了

e0030187_183675.jpg








e0030187_18363084.jpg






click to enlarge.


 昨日のブログを訂正しました。
 「愛犬」に関して、<「名士探訪」企画臭もやや感じる。>
と書きましたが、これは邪推だと思い直し、削除しました。
結果的に名士探訪になったけれど、それが目的なら、もっと
立派な名鑑調装幀になった筈で、江戸趣味の狗張子の
和本風になぞ仕立てなかっただろう、と後で思った次第。
愛好家の倶楽部活動、みたようなものではなかったのかしら。
 また、犬の<紐をもつ飼い主の手袋>は<手先>に訂正。
見間違いです。

 今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄

 なんとなく近藤富枝「信濃追分文学譜」(中公文庫 95初)を
手にして、昨夜読了。

 芥川・堀辰雄・立原道造たちの、年上の知的な女性に寄せる
思慕は、日本には存在しない、サロンの女王への憧憬では
なかろうかと考える。自分たち博識の男と対等に渡り合え、
しかも保護者でもある、うつくしい女神像を思い描いていた
のではないだろうか。

 青木繁とか、近代の男たちの恋愛妄想は、正直、ついていけない
面があって、恋に恋するのも思いを秘めるのも結構だけれど、
相手の女性をきちんと見たことがあるのだろうかと、疑問に思う。
 勝手にナルシスティックな恋愛感情を投影されたって、当該女性と
しては困るのじゃないかしら。
 もっとも、妄想抜きの恋愛感情があるだろうかというと、それも
ありえないが。
[PR]

by byogakudo | 2009-01-31 13:38 | 読書ノート | Comments(0)


<< お師匠さんローマへ?      神保町へ/スタージョン「一角獣... >>