猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 02日

「飯沢匡の社会望遠鏡」読了

e0030187_1334712.jpg






click to enlarge.


 1975年から78年まで、「小説新潮」に山藤章二の絵と伴に
連載されたコラム集。ロッキード事件が話題の主流である。
書かれて30年、世の中はさらに、しょうもなくなってしまった。
 添えられた山藤章二の絵が、文章に対して絶妙なコメントを
述べる印象だ。

 飯沢匡が戦後すぐの「アサヒグラフ」編集長だったと、つい
最近知った、もの知らず古本屋であるが、飯沢匡と聞くと
60年代に、TVで劇場中継された舞台を思い出す。

 あいにくとタイトルを憶えていないが、文学座の公演だった。
女主人公・杉村春子が引退したオペラ歌手__なぜか愛唱歌が
「赤城の子守唄」である__で、たぶん遺産問題か何かを
メインプロットにした喜劇であったように記憶している。

 彼女の別荘に親戚や仕事の関係者が集まり、騒動が進行する
のであるが、新劇ファンでもないのに、なぜ、このTV番組を
憶えているかと言えば、ヒロインの甥の役で、岸田森が出て
いたから。
 シシーな若い男といった役柄で、彼女が愛唱歌を歌うとき、
ピアノを弾いて上げていた、と思うのだけれど、確かではない。
 まあ、それだけの話。

   (講談社 78初帯)
 あっ、帯の推薦文を書いているのは斎藤信也です。

[2016年9月12日 追記:
 劇のタイトルは、おそらく『無害な毒薬』ではないかしら?]
[PR]

by byogakudo | 2009-02-02 13:05 | 読書ノート | Comments(0)


<< ローデンバック「死都ブリュージ...      お師匠さんローマへ? >>