猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 03日

ローデンバック「死都ブリュージュ」/ヒチコック「めまい」

e0030187_13435612.jpg









click to enlarge.

 
 これも読んでいなかったローデンバック「死都ブリュージュ」を、
岩波文庫版(04年8刷帯)で読みかけている。

 すぐにヒチコック「めまい」を思い出す。「めまい」の原作は
ピエール・ボワローとトーマス・ナルスジャックの「死者の中から」
であるそうだが、原作自体に「死都ブリュージュ」が影響して
いないかしら。読んでいないのだが。

 死んだ女と生き写しの女に出会い、彼女に死者の姿を重ねる
主人公の行動は、まるで「めまい」のジェームズ・スチュアートだ。
「死都ブリュージュ」の主人公・ユーグが、死んだ妻のドレスを、
囲っている元踊り子に着てくれと頼むシーンなぞ、そっくりである。
 ブリュージュの灰色の町並みは、「めまい」でキム・ノヴァクが
着せられる灰色のスーツと、対応していやしないか。
 牽強付会癖が頭をもたげる。

 「めまい」と「ハリーの災難」がフェイヴァリット・ヒチコック
だが、「めまい」でのキム・ノヴァクは、ほんとにうつくしかった。
 引っこみ思案な少女の眼差しでジェームズ・スチュアートを
見上げる場面の、いじらしさ。上目遣いで思い出す、ダイアナ
元妃のイケズとは大違いの可憐さだ。(ダイアナ元妃は、
どうしてあんなにガッツイテル印象だったのだろう。いつも
「わたしよ」「わたしにもっと注目してよ」とうるさく訴えかける
視線だった。不幸な子ども時代を過ごしたのかなあ。)

2月4日に続く~
[PR]

by byogakudo | 2009-02-03 13:45 | 読書ノート | Comments(0)


<< ローデンバック「死都ブリュージ...      「飯沢匡の社会望遠鏡」読了 >>