猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 15日

遅々として「世界の中心で愛を叫んだけもの」を読む

e0030187_14122187.jpg









click to enlarge.


 13日の金曜日事故(トータル8時間くらい、足し算と検算しては
書類に数字を書き込んでいた。)の影響もあり、ハーラン・エリスン
「世界の中心で愛を叫んだけもの」(HPB 73初)がなかなか
進まない。今でもまあ読んでいられる本ではあるが、暴力の
話ばかり続くので、飽きてきた。ヴェトナム戦争の影響下にあった
60年代後半のアメリカで書かれたせいもあるのだろう。

 しかし、ハーラン・エリスンって、こんなに社会派ぽかったっけ? 
当時の状況を思い出しながら読んでしまう方が悪いが、もろに
戦争と暴力沙汰のストーリーである。

 状況からまるで乖離した小説は存在しない、とはわかる。ラテン
アメリカ文学だって、幻想の背後には植民地支配(の支配者側に
いること)と、ヨーロッパ大陸の影響とがからまっている。
 状況との距離感の問題だ。即し過ぎない、につきる。
[PR]

by byogakudo | 2009-02-15 14:12 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「『愛国』問答」読了/「矢の家」へ      「アラン・グラス 立体構成と絵... >>