猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 21日

グレアム・グリーン「ブライトン・ロック」1/3ほど

e0030187_1433728.jpg









click to enlarge.


 今週の新着欄です、よろしく。
 新着欄

 昨日から読んでいる「ブライトン・ロック」、まだ途中だけれど、
いいなあ。ほんとに好きだ。グレアム・グリーンが評判になって
いたのは__愛読されていたかどうかは知らない__、1950年代
から60年代だろうが、いま読んでもちっとも違和感がない。

 時代錯誤の言う台詞なので、一般性はないと思うが、たとえば
サマセット・モームはたいてい退屈だが、グリーンは違う。モームの
完璧と評されるであろう短篇の構成は、わたしには窮屈な予定調和
であることが多い。グリーンのスピードフリーキーな緊迫感に引きずら
れて読んで行くのが心地よい、ということだろうか。

 陽光あふれる大衆的行楽地・ブライトンを背景に、ギリシア悲劇の
神々が争っている。
 死の天使みたいな17歳のチンピラに対抗する、太陽とも大地とも
讃えられそうな35-6歳の私娼。いまだ相見えない二人の行動が、
おそらく悲劇的結末へと向かってなだれ込んで行きそうだ。
[PR]

by byogakudo | 2009-03-21 14:35 | 読書ノート | Comments(0)


<< 「ブライトン・ロック」2/3強      G.K.チェスタトンからG.グ... >>