2009年 03月 24日

グレアム・グリーン「拳銃売ります」1/2弱

e0030187_1351932.jpg






click to enlarge.


 「ブライトン・ロック」は丸谷才一訳、「拳銃売ります」(早川書房 グレアム・
グリーン選集第5巻 59初 函欠)は加島祥造訳である。印象がかなり違う。

 加島訳で引っかかるのは、やくざ口調の会話だ。頼まれて人殺しをするのは、
たしかにやくざのやる行為ではあるし、不幸な生い立ちで絶望しきった若い男の
口調を表すには、これしかなかったかも知れない。けれども、どうも安直な印象
である。
 日活アクションに出て来る、記号化されたチンピラじゃあるまいし、作品全体の
トーンやタッチを思うと、やくざ口調が、妙に浮いてはしゃいでいる感じだ。
 それに、現実の会話を忠実に文字化したとしても、音声言語のもつニュアンスは
活字からは伝わらない、ということを加島祥造は、どう考えていたのかしら。

 どちらかと言えば丸谷才一訳のトーンが好ましいが、丸谷訳にも疑問がある。
1950年代~60年代の翻訳なので訳注が丁寧であるが、登場人物が本から
引用する場合の注が、
<ただし若干の言いちがえをさせている。>(p101)
<ただし若干の言い違えがある。>(p203)
<ただし若干の言い違いをさせてある。>(p229)と、結ばれる。

 ついでに本来の文も、訳してもらいたくなりませんか。何だか気をもたせる
書きっぷりで、原文で読めない読者としては、やきもきする。
[PR]

by byogakudo | 2009-03-24 13:52 | 読書ノート | Comments(0)


<< 和田堀給水所、お花見時オープン!      グレアム・グリーン「ブライトン... >>