猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2005年 05月 04日 ( 1 )


2005年 05月 04日

05年5月4日(水)

 近くの古本屋で買った「ロサンゼルス・ミステリー」(アドラー編 新潮文庫 88初) が
意外によかった。どれも映画の記憶、スターの記憶に彩られたミステリーで、映画ファン
兼探偵小説好きには嬉しい。いま読みかけの中編サスペンスは、ちょっと飽きているが、
あまりサスペンスものが好きでない(めんどくさくなる)からだ。ディックが廻ってきたのに
(「宇宙のあやつり人形」を思い出したとか言っていた)、「マンハッタン・ミステリー」
も買ってしまったし、後回しになりそうだ。

 きょうは古本屋になってよかった日。若い男性(高校1、2年生)からボードレール、
マラルメ、ランボーが好きだけれど、他にどんな詩がお勧めかと聞かれる。
 Sがロートレアモンを思いつく。3冊ある中から60年代風の函装幀版(現代思潮社版)
をお見せしたら、ぱらっと読んで「好きです」。「ナジャ」も買って下さった。
 記憶は途絶えることなく、地下水脈としてひそやかに続いているのかも知れない。
そうでありますように。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2005-05-04 22:00 | 再録 | Comments(0)