2005年 05月 09日 ( 1 )


2005年 05月 09日

05年5月9日(月)

 今東光「東光金蘭帖」(中公文庫 78初)終える。さあ、今日からやっとディックだ。
その前に「金蘭帖」の抜き書きを。

 今東光は鳥海青児とも友人だったが、鳥海が木村荘八と仲たがいして、
春陽会を脱会したはなしで___
<僕などは鳥海が木村荘八と手を切ったことを寧ろ悦んでいたのだ。というのは
 木村荘八はもう画家としての役目を終った人で、春陽会あたりにもちゃんとした
 制作を発表できなかった。挿絵を描いたり、本の装釘をしたり、日本画みたいな
 ものを描いたりしてお茶を濁していたとしか思われない。筋の通った油彩画は、
 もう描けなかったのだ。云々。>

 ____むかしの人だから仕方ないのかも知れないが、「筋の通った油彩画」
には笑う。本絵主義と呼ぶのか、油絵が最高位、水彩画だのコラージュだの
イラストレイションだのは本格的な洋画にあらずというイデオロギーに苦笑する。
日本の洋画壇のこの制度は、いまどうなっているのか? 企業やブランドと一緒に
作品製作できるかどうかが、いまの制度なのかしら。事大主義者どもめ。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2005-05-09 22:36 | 再録 | Comments(0)