猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2005年 05月 13日 ( 1 )


2005年 05月 13日

05年5月13日(金)

 読むものに困って、またモーム短編集を持ち帰る。よく書けている(失礼な
言い種だ)がfavouriteになれない小説家だと改めて思う。じゃあ何故読むのか
といえば、よく書けていて、読んでいる間は終り方が知りたくて読み進めるのだ。
短編小説に必要な技巧を完璧に備えていて、それが同時に欠点となる。
 文句をいってる暇に他の本を探せばいいだけのことです。

 あと3週間もすれば猫額洞5年目が始まる。少しは良くなっているのか? 
このさき力を入れるのは、やっぱり仏文系、美術評論系統になるのか? 
扱うジャンルをこれ以上狭めるとますます静かな古本屋になるだけだ
けれど、いまの底の浅さには我ながら不満と苛立ちとが募る。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2005-05-13 20:15 | 再録 | Comments(0)