猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2005年 05月 17日 ( 1 )


2005年 05月 17日

05年5月17日(火)

 「ライヴァルたち」、今夜中に終る。ホームズ譚が探偵小説の源流になった
のは当然のことだと、よく解った。同時期のミステリーはかなり御都合主義で
ゆるい。メロドラマ風だし。これはと思ったクリフォード・アシュダウンは
フリーマンの合作名であったり、やはり残るべき人はちゃんと残っているが。
予想より面白いラインナップなので後の2巻も揃えたいけれど、探す時間が
ない。

 次に読むのはエリセーエフか? 数頁眺めたが、明治時代の日本語みたいで
面白い。昔の中公文庫はシブくってよかった。あの路線を続けるべきなのに。
カジュアル文庫は他にいくらでも手掛ける出版社があるのだから。





..... Ads by Excite ........
[PR]

by byogakudo | 2005-05-17 20:39 | 再録 | Comments(0)