猫額洞の日々

byogakudo.exblog.jp
ブログトップ

2007年 03月 27日 ( 1 )


2007年 03月 27日

「最上階の殺人」もうすぐ終る

e0030187_12465689.jpg














 (写真はクリック」すると拡大します。)

 日本語訳から原文での表現を想像するのは可能だ。特に単語の訳し間違い
からは容易である。

 前に書いた気もするが一例を挙げれば、かつての角川文庫版・
フィツジェラルド「夢淡き青春<グレート・ギャツビィ>」で見つけた
「製法特許の革靴」。「製法・特許の・革靴」と分解してみると、そうです、
patent leather shoes が浮かび上がる。

 しかし単語ではなく文あるいは文章となると、手強い。しかも原文の韻の
踏み方を日本語でも踏襲しているらしいとなると、お手上げだ。
 下記の日本語訳から原文を想像できるだろうか?

< ロジャーは室内用のガウンを羽織って舌平目のフライをぱくついていた。
 ・・・ 近ごろの文芸人が健全な自由奔放主義(ボヘミアニズム)を忘れ去りつつ
 ある中で、この朝食の作法だけは舌平__いや、したたかに生き残り、
 したり顔の謹厳実直居士どもの大いなるご不快の種になっている。>
     (第六章 p90)

 本では( )内はルビ、ボールド表示ではなく圏点だが、さすがにこの日本語から
英語でどう書かれていたかは思いつけなかった。
 「舌平目」がsole、「したたかに」はsoundかなあ? じゃ、「したり顔」は?
と、寝ながら考えて最後で躓いた。どんな構文かもわからないし。
     (アントニイ・バークリー 新樹社 01初帯)
[PR]

by byogakudo | 2007-03-27 12:57 | 読書ノート | Comments(2)